2012年10月09日

準備段階B左指の”頁(u_u*)人

"そして、右手で背中の下三分の一程度の所を支え、左手の親指の腹で、しごくようにして頁をめくっていく。
紙の「たわみ」とその反動を利用して、頁をめくる。
これまで皆さんは、左利きの人の一部を除き、頁をめくるのにはもっぱら右手の指を使ってきたと思うが、左手の親指を使うのである。
そうすると、左利きの人だとこれが即座にできるが、右利きの人では、なかなかこれが簡単にはできない。
まず、指先の感覚が洗練されていなくて鈍感なので、一頁ずつ確実にめくることができず、時々、数頁をいっぺんにめくってしまう現象が起きる。
エスパーでもない限り、飛ばしてしまった頁に印刷されている文章は、絶対に読むことができないのであるから(エスパーならばそもそも、最初からこんな訓練は不要である)確実に一頁ずつめくるように神経を使う必要がある。

ストレスは視力低下の重大な原因④
勉強における視力の低下も同様で、
「これは試験に出そうだから、何がなんでも覚えなくちゃいけない」
「成績が下がったら、お父さんやお母さんにしかられるだろうから……」
というような精神的な圧力が存在して、更にそこに、姿勢が悪くて頚椎がズレた、とか、眼筋が運動不足状態になった、という別の要因が加わると、視力はどんどん低下していく。
私の母校の東大を例に引き出すと、現役で合格して大学内の成績も優秀、という人間は、ほとんどが目が良くて、牛乳瓶の底のような度の強い眼鏡を掛けている、一見したところいかにも秀才タイプの人間は、成績もそれほどではなかった。
勉強で精神的な圧力を感じる人間は、どうしてもそれがネックになって成績が伸びない、ということなのである。
" 無料の視力回復方法★
【関連する記事】
posted by 若菜 at 10:21| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。